dayslabo(デイズラボ)

日々の気になる出来事を発信するサイト

仲宗根梨乃(ダンサー)の振付師としての実力は?結婚や子供も気になる!

   

『この記事の所要時間:約 4 分』

01仲宗根梨乃

出典:dews


5月20日(金)放送の『another sky-アナザースカイ-』に仲宗根梨乃(なかそねりの)さんが出演します。

仲宗根梨乃さんは、日本人でありながら世界的に活躍するダンサーで、有名アーティストの振付を数多く手がけています。


今回は、プロフィール・振付師としての実力・結婚や子供について調べてみました。


スポンサーリンク


プロフィール

02仲宗根梨乃

名前:仲宗根 梨乃(なかそね りの)
別名:リノ・ナカソネ・ラザラン
生年月日:1979年6月11日
出身地:沖縄県那覇市
血液型:A型
職業:ダンサー、振付師、歌手
趣味:映画鑑賞、料理教室、犬と遊ぶ、美味しいコーヒー巡り
事務所:Sony Music Artists (日本)
    S.M. Entertainment (韓国)
    Go2Talents (USA)


仲宗根梨乃さんは、幼い頃にマイケル・ジャクソンの虜になり、将来はマイケルのようなエンターテイナーになりたいと夢見ていました。

地元である沖縄県の高校を卒業後、19歳で渡米。大学に通いながらLAにてダンスを本格的に開始します。


2004年に、憧れていたジャネット・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格。同時期にブリトニー・スピアーズのワールドツアーのオファーを受け、参加しました。

その後、様々な仕事が舞い込みます。
現在となっては、ダンサー界で知らない人はいないほど世界的なダンサーとして有名です。


19歳で渡米するのってなかなか勇気がいりますよね。しかし、そのおかげで名立たるアーティストと共演するほどのダンスの才能を発揮できたのでしょう。

振付師としての実力

03仲宗根梨乃
仲宗根梨乃さんが振付師としてデビューしたのが2008年5月です。

Youtubeの映像を見たSM Entertainmentのアプローチで、韓国の男性グループSHINeeのデビュー・シングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」の振付を手がけました。


その後、2009年に少女時代のシングル「GENIE」の振付を担当。彼女らの長い脚を生かした“美脚ダンス”が日本でも話題になりました。


日本や台湾・中国など、アジアでの活動も開始し、2012年からは日本での番組出演を始めました。

AKB48やSMAPのLIVE楽曲、そして宮本亜門演出のミュージカル「WIZ」にて振付を担当。


あげたらきりがないほど、色々な活動をされています。有名な方々の名前ばかりが出てきて、すごいとしか言いようがありません。

ダンサーとしても振付師としても、これだけの活躍をされているので実力は十分ある方です。


スポンサーリンク


結婚や子供

04仲宗根梨乃
私生活では、2007年7月6日(28歳の時)に開業医を父に持つフィリピン系2世のリー・ラザランさんと結婚しました。

しかし、約5年後の2012年5月に離婚。

離婚と原因と言われるのが、お互いに仕事が忙しくてすれ違いが多かったことのようです。


元夫であるリー・ラザランさんについての情報は出てきませんでしたが、その当時の仲宗根梨乃さんは振付師としてもデビューしており、多忙の日々だったに違いありません。


子供についても情報はありませんでした。

約5年の結婚生活でしたが、お互いに忙しくてすれ違いも多いので、お子さんはいない可能性が高いです。


まとめ

仲宗根梨乃さんのことをあまり知りませんでしたが、これだけすごい方だと知って驚いています。今まで知らなかった自分が恥ずかしいくらいです!

アナザースカイでどんなことを語ってくれるのか楽しみにしております。

スポンサーリンク

シェアしていただけると嬉しいです。

 - テレビ